Luaでテーブルのソートを行う


オブジェクトの表示順などを変更したい場合に、Lua標準のソートが便利です。

まずはテーブルもしくはCorona SDKのディスプレイオブジェクトを生成して、順番の値を保持させます。

 

テーブルにインサートしておくことも忘れないようにしましょう。

 

あとは比較条件を作成して、ソート関数を実行するだけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です